生活インフラコスト 〜通信費〜

自己紹介

こんにちは!
薄給ながら都内で専業主婦の嫁さんと子供3人を養っている「ツトム」です
日々必要な生活コストの無駄を削減しながら生活してます
ここでは僕の行っているライフハックや考え方について紹介しています

今回は、生活に絶対必要な「通信費」です

要するにスマホ代や家でのネット代ですね

ネットないと生活ができないですよね
ネットの通信費を安く抑えることができたら
日々の生活にだいぶゆとりができそうです

ようするに、スマホ代
毎月高いんだよね〜 スマホだけで1万円しちゃうことあるよ
よく「月々のスマホ代やすくなりますよ!」とか
料金プラン見直しを宣伝しているけど
正直仕組みがわからなくて・・・
なんとなく同じプランでいたりしちゃう

なにかウマい方法あるの?

色々な方法で毎月の「通信費」を削減することができます
ぜひ最後まで読んで参考にしてください

通信費の内訳

通信費としては以下のものがリストアップされます

  • スマホ代 (通話料・データ通信料含む)
  • 家のネット回線代
  • 家の固定電話代

固定電話をおいている家庭も少なくなってきていると思いますので

今回はスマホ代と家のネット回線代について解説していきます

スマホ代

日々の出費で馬鹿にできないのが携帯やスマホ代ですよね

今まで幾度と無く料金の見直しキャンペーンがされてきていますが

料金システムが複雑すぎてはっきりわからないのが実情です

よくわからないからお店の人にオススメされたプランにしてるんだけど

契約している会社が何かによっても違うんですけども
安さを追求したいのなら
大手3社(ドコモ・au・ ソフトバンク)はやめておきましょう
やはり格安スマホが
料金体系もシンプルであり、なおかつお得だと思います

ただ、 大手3社でも値段の安いプランを最近は出しています
「ahamo」「povo」「LINEMO」
通話品質も良くデータ容量も十分にあるので
格安スマホよりは少しお値段が高いですが
十分に検討の余地があると思います

まずはスマホの使用状況を確認

スマホの使用状況によって 料金プランの最適解は異なってきますが

まず初めにやりたいのは

「自分がどのぐらいスマホを使っているか」 です

チェックしてもらいたいポイントは以下の通りです

  • 月々のデータ使用量
  • 月々の通話時間
  • 他の家族の使っているスマホの会社

月々のデータ使用量が少ないのならば、 プランも上限が低いものに設定できます

通話時間についても同様です

「むしろほとんど電話しない」という人も多いと思います

電話の通話時間が長いと言う人は、 通話し放題プランを選択するといいと思います

「 1回の電話は短いのだけれども、電話の回数が多い」

この場合は「5分以内なら通話無料」などの サービスの含まれているプランが良いです

あとは、「家族割」に含まれていたりする場合は

周りの家族とのバランスがあるのでみんなに確認する必要があると思います

スマホでの優先事項を検討

スマホに求めることって人によってすごい差があると思います

「家族の電話とメールだけできればいい」

「インスタ映えする写真を撮って、SNSにたくさん投稿したい」

「ゲームを毎日やってるからデータ通信料がいつもギリギリ」

「 営業職だから1日中ずっと電話をかけたり受けたりしている」

人によってスマホに求める事はさまざまです

まず自分がスマホに何を求めているかを確認しましょう

自分の優先事項を叶えられる料金プランのある会社を選択してくといいと思います

節約系の話題だと、格安スマホ一択!と言う意見もありますが
通話品質やデータの速度など
スマホに求めるものは人それぞれなので
必ずしも格安スマホが正義と言うわけではないと思います
(と言いながらもやはり格安スマホがオススメですが・・・)

品質とデータ量の両取りを狙うなら

「通話品質」「通信速度」の両取りを狙っていくなら

やはり大手3社(ドコモ・au・ ソフトバンク)が強いです

料金を気にしないですむのならば

大手3社(ドコモ・au・ ソフトバンク)での契約が良いでしょう

しかし

菅総理大臣の圧力もあって大手3社(ドコモ・au・ ソフトバンク)は

新たなラインナップを出しました

それが

「ahamo」「povo」「LINEMO」  です

各社 税込みで2980円程度

おおよそ 月20GB  国内通話5〜10分無料 といった具合です

通話品質も申し分なしです

データ量も大抵は20GBで十分でしょう。むしろ使い切れない・・・

色々比べたい方は比較しているサイトも多いので参考にされるといいと思います

やはり格安スマホはオススメ

「ahamo」「povo」「LINEMO」が素晴らしいのはわかったよ
でも、もうちょっとスマホ代安くなると助かるんだよなぁ

値段を気にするなら
「格安スマホ」を選択肢に入れるといいと思います

通話品質や電波のよさは若干劣りますが

安さは正義!です

今ならUQモバイルや楽天モバイルが良い選択肢になってくると思います

家のネット回線代

家のネット通信は何をお使いでしょうか

大抵の家は、光回線が主流となっています

マンションであればケーブルテレビを活用しているところもあります

後はスマホのプランで自宅の光回線がセットになっているものもあります

まずはネット通信の契約を確認

まずは自分がどのような契約をしているかを確認しましょう

チェックすべき契約事項としては

  • 契約プランの詳細 (データ容量の制限の有無、 速度制限の有無など)
  • 利用料金 (当たり前だけど)
  • 契約期間の縛りがあるか
  • 契約を途中で変更する場合に違約金が発生するか
  • 違約金が発生する場合、時期によって値段の差があるか
  • 実際に使用しているデータ量

以上を必ず確認しましょう

特に違約金をちゃんとチェックすることが大事です

いざ会社を切り替えようと思っても

違約金が高いために、むしろ更新月まで継続した方が良いこともあります

逆に違約金を払っても、切り替えたほうが結局お得と言うこともあります

これらは 契約内容や現在のタイミングによって変わるので

いろいろと自分で検討や計算をして判断しましょう

後は実際に自分がどの程度のデータを使っているかも大事です

普段あまりネットを使わない人は

データが無制限のプランだと、 過剰なサービスがあることもあります

上限設定があるプランの方が価格が安いので

日々の使用状況を考えて変更することも必要です

日々の使用状況って言ったってよくわかんないんだよね
何を見ればいいの?

大体のプランは
直近の3日間のデータ量が上限を超えると
速度制限がかかるものが多いです

もちろん毎日使うデータ量は変わりますが
「ネットよく使ったな」と思う日のデータを見て参考にしましょう

契約変更のときの注意

使用状況を把握して

「いざ!お得な条件に変更!」

となった際には以下を注意してください

  • 契約に伴う「縛り」があるか
  • 追加での回線工事はあるのか?その費用は?
  • 引越しが控えている場合は引越しまでの期間や引越し先の環境

追加回線工事については特に大切

回線工事費で10000円追加でかかってしまって

結局お得にならなかった・・・・

なんてこともあるので

コールセンターに電話して事前の確認

賃貸物件に住んでいる場合には追加工事の際に

壁などの工事して良いのかなどを確認したほうが良いでしょう

契約切り替え時は無線Wi-Fiへの変更も検討

最近のポケットWifiはかなりスピードが早くなってきてます

データ無制限を売りにしている会社もあるので

光回線だけでなく、無線Wi-Fiも検討してみましょう

利点は

  • 工事がいらない
  • 届いたその日から使える
  • 外出先でも使える
  • 引越しの際の煩わしい手間なし
  • ひかり回線よりも安いことも多い

なによりも

「届いたその日から使える」

このカンタンさが良いです

実際引っ越しが多かったので、ボクは今でも自宅は無線Wi-Fi です

デメリットとしては

  • 都心以外では電波が悪いことも
  • 住宅が密集していると電波悪い
  • 通信速度はやや遅い
  • 出先での紛失リスクあり

やはり電波の強さが懸念事項です

可能なら一度レンタルして自宅での電波の強さをみておくのがよいです

WIMAXだと、たまに「お試し」で期間限定で貸してくれたりすますので

キャンペーンにはアンテナを張っておきましょう

まとめ

今回は通信費について考察しました

  • 通信費はスマホ代・家のネット代が主
  • スマホ代はまず契約状況を確認
  • スマホに何を求めるかを再認識
  • 品質を求めるなら、「大手3社」
  • リーズナブルを追求するなら「ahamo」「povo」「LINEMO」
  • 安さを求めるなら、「格安スマホ」 UQモバイルや楽天がオススメ
  • 家のネットは電波状況によっては「無線Wi-Fi」も考慮

この話題は掘り下げるとキリなさそうです

また折にふれて各項目を紹介していきます

今回もありがとうございます

自己紹介
SNSシェア・ブックマークはコチラからどうぞ ♫
こちらからフォローしてくださると、「ツトムさん」が喜びます\(^o^)/
都内で嫁さんと子供3人を養うためのライフハックBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました