生活インフラコスト 〜食費を考える〜

コスト削減

こんにちは!
薄給ながら都内で専業主婦の嫁さんと子供3人を養っている「ツトム」です
日々必要な生活コストの無駄を削減しながら生活してます
ここでは僕の行っているライフハックや考え方について紹介しています

人間はだれしも食事を食べないと生きていけません

「食費」こそ人間最大の生活インフラコストです

ここを削減することは効果絶大ではありますが

間違った削減を行うと、人生の質の低下に直結しかねません

食事が質素すぎると心まで荒んでしまいます

十分なバランスを整えつつ、オトクに食事を楽しんでいく

上記を目標に考えていこうと思います

食費

大まかに「食費」といってもわからないので

すこし小分けにして考えると良いと思ってます

  • 内食費(家での食事の費用)
  • 外食費(家以外での食事の費用)
  • 飲料費(家・職場・外で購入する飲料の費用)
  • 嗜好品費(お菓子を購入する費用)

細かく分けすぎても管理しにくいので

ざっくりこのくらいで良いと思います

「食費」の現状把握

色々検討する前に

「自分が月にどれだけ食費に費やしているか?」

これをちゃんとわかっている人も少ないと思います

月による変動も多いとは思いますが、一度は現場把握するといいと思います

「そんなこと言っても色々お金使っているし管理しきれないよ!」

とおっしゃる方もいるかと思います。

そうおっしゃる方は、

まずは

決済手段を1つか2つに絞って生活してみましょう

クレジットカードなら明細を見れますし、QRコード決済系も同様です

「どうしても現金派!」

という方はレシートを取っておいて月末に仕分けて計上してみてもいいかもしれません

「食費」のドコを削るか考える

現状把握したら、何が削れるか考えましょう
ただし!無理は禁物!
無理な我慢は余計なストレスが増えます
ストレスは、いつか爆発します
爆発したら我慢してきた以上に出費したりするので大変です

一応気をつけてるんだけどな
何をやっていいかわからないよ
そんなに変な使い方してないと思うよ

本人に自覚がなくてもやってしまっている食費を増やしてしまう活動としては

  • コンビニをちょくちょく使う
  • 飲み物を自販機で買う
  • ついついコーヒーを買ってしまう(俗に言う:ラテマネー)
  • 外食の回数が多い
  • お菓子をつまみながら仕事をしてしまう

いやぁ、でも元気をだすには必要なんだよね
全部ガマンしてたらしんどくってしんどくって・・・
そんなの生きてる意味ないじゃないの?

難しいところですけどね・・・

今の生活で贅沢しすぎている自覚がないのであれば
今と同じ食生活を
いかにオトクにできるかを考えてみてもいいかもしれません

内食費をオトクに!

内食費はつまり

「家での料理や食事の費用」です

ここをオトクにするには

食材を入手する際に

オトクに購入するのが手っ取り早い

ではどうやってオトクに買うか

  • 安い時にまとめ買い
  • クーポン・キャンペーンを活用(楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど)
  • ふるさと納税で食材入手
  • 店舗でタイムセールを活用
  • コストコや業務スーパーの活用

上記が主な活用の仕方です

ちなみに

わが家は

  • 米は楽天ふるさと納税
  • 肉は楽天ふるさと納税とコストコ
  • 魚介類は新鮮さを意識して近隣スーパー
  • 海産物・加工品は楽天ふるさと納税と株主優待
  • お菓子はドラッグストアで楽天期間限定ポイントの消化で

こんなイメージで生活してます

基本ふるさと納税がベースですね

以下がボクのお気に入り納税先です







外食費をオトクに!

外食ってオトクにできるの?
せいぜいクーポン?

そんなことありません
クーポン以外にも
活用できるものは色々あります

外食をオトクにするには

  • 予約サイト(ぐるなびなど)で予約してポイントゲット
  • 店のアプリに割引クーポンあったりするので活用
  • 支払いは株主優待券・金券を活用
  • レシートアンケートに答えて次回クーポンゲット

各項目で語ることも多いので

今回は羅列のみですが

また追って深堀りします

飲料費をオトクに!

飲料費ってお茶?
お茶は毎回ペットボトルかってるけど

お茶以外にコーヒー代も含まれます
ペットボトルは便利ですよね
でも割高なのも確かです

「ラテマネー」という言葉があります

毎日コーヒーを朝に買っていると

積もり積もって

ものすごい値段になりますよ

という意味で使われます

毎日の飲み物も同じことが言えます

ちょこちょこした値段ですが

つもりつもると大変です

  • マイボトルを持参
  • 自販機は使わない
  • ペットボトル使うなら自宅にまとめ買いして職場に持参
  • コーヒー飲むなら店のアプリなど活用を

マイボトルに関しては

「面倒くさい」「貧乏くさい」という意見もありますが

飲料費の節約には効果絶大です

飲むお茶にすごいこだわりがないなら

家でパックから煮出したお茶を持参するとよいでしょう

コンビニ行くのも
自販機行くのも面倒なので
水筒を持参してます
すぐに飲めるし沢山飲めるし
何より安くてサイコーです

ふるさと納税でお茶やジューズがゲットできるので

箱で送られてくるモノを自宅から

職場に持っていくのも

オトクな方法ですね

以下がボクのお気に入り納税先です




コーヒーはボクも大好きなので

あまりキビシイことは言えません

好きなモノを我慢するのはしんどいです

ただ

惰性でなんとなく飲んでるなら

ちょっと考え直してもいいかもしれません

コーヒーにもふるさと納税があります

興味がある方はチェックを!



嗜好品費をオトクに!

お菓子って
つい買っちゃうんだよね

気持ちはすごいわかります
でも
その「つい」がやっかいです

「おやつ」を食べることは

かならずしも「悪」ではないです

むしろボクも好きです

ただ

「つい」「ついでに」といった具合で

買ってしまうのはあまりよろしくないです

ちりもつもればなんとやらです

  • あらかじめ買っておいて自宅から持っていく
  • 安い時にまとめ買いしておく
  • コンビニに近寄らない
  • マイルールを作る(買うのは週に何回までOKとか)

ボクは基本的に食べないように心がけていますが

やはり食べたいときもあるので

かならずカバンに1品忍ばせてます

食べたい気持ちでコンビニいくと

余計に買ってしまいますので

「手元のお菓子しか食べない」っていう

マイルールを決めています

お菓子の仕入先としては

ドラッグストアやスーパーでまとめ買いがおすすめです

まとめ

食費は生活に必要不可欠です

生活の質に直結しますので

過度な節約は禁物です

健康を害する恐れすらあります

  • 食事の現状把握をする
  • 決済手段を絞って食費の内訳を検討
  • 何を削減できるか考える
  • 内食費はふるさと納税、株主優待、業務スーパー系を活用
  • 外食費は株主優待・金券・予約サイト・アプリを活用
  • 飲料費はマイボトル・まとめ買い・ふるさと納税を活用
  • 嗜好品費はまとめ買い・コンビニ回避・マイルール化で無理なく

以上

参考になればウレシイです

ふるさと納税・株主優待は特に注力してます

また別の記事でお話できたら幸いです

では!

コスト削減
SNSシェア・ブックマークはコチラからどうぞ ♫
こちらからフォローしてくださると、「ツトムさん」が喜びます\(^o^)/
都内で嫁さんと子供3人を養うためのライフハックBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました