稼ぐ力 〜UberEats 仕組み編〜

稼ぐ!

今回はメインの仕事以外で収入を得る

「稼ぐ力」

その中でも即効性と確実性のある仕事

「UberEats」を紹介・考察していきます

自分自身もやっています。

これからやる方々への参考になればと思います

Uber Eats とは

もはや知らない人のほうが少ないかもしれない「Uber Eats」

大きなカバンを背負いながら町中を走っているのを見かけると思います

仕事の内容は

「店に料理を取りに行き、客に届ける」

格好良く言えば

「食品配達業」 (開業届もこのような名前で書いてます)

「Uber Eats」以外にも

出前館 menu DiDi food foodpanda wolt などなど

色々な企業が参入しています

いくら位稼げるのか

収入は

「1回配達して〇〇円」といった具合です

距離にもよりますがざっくり1配達で500円程度です

仕組みとしては

基本料金はエリアごとに異なりますし、インセンティブについても

配達員によって異なるとのことです

詳細はUber Eats配達パートナーガイドを参照にすると良いです

しかし、このガイドページ数がかなり多いので

一部抜粋して説明していきます

配達基本料

配達基本料は 基本料金からサービス手数料を引いた金額

基本料金は「受取料金」と「受渡料金」と「距離料金」を足した金額になる

受取料金

レストランで商品を受け取ったときに発生する料金

配達先が2カ所あっても受け取り場所が1カ所の場合は1回のカウントになります

受渡料金

注文者に商品を渡した際に発生する料金

配送先が複数ある場合はそれぞれにカウントとされる

受取と受渡で値段が別れていてちょっとわかりにくいですね

複数同時配達を想定しておりこの様になっています

慣れないうちは配達先1つで行くほうがトラブル回避になるのであまり深く考えずに

受取と受渡の合計を考えれば良いと思います

距離料金

レストランから配達先までの距離に応じて加算されます

配達先が複数ある場合は合計の距離が加算されます

サービス手数料

サービス手数料は基本料金から引かれるようになっています

基本料金の〇〇%といった具合で計算

サービス手数料の料金は各都市によって異なります

インセンティブ

インセンティブとは配送料に上乗せされる追加報酬のことです

注文の多い時間や場所によって適用されます

内容は、都市ごと、さらには配達パートナーごとに異なっており

「ブースト」、「クエスト」、「オンライン時間インセンティブ」の3種類があります。

ブースト

配送料の基本料金を、注文の多い時間や場所において、一定の倍率(1.1倍、1.4倍など)で増額する仕組みです

クエスト

通常の配送料やブーストに加え、配送件数に応じて追加で報酬が支払われるインセンティブをクエストと呼びます。

例えば、「4回配達完了で400円を獲得、8回配達完了で1,000円を獲得、12回配達完了で1,600円」といったクエストが存在します。

オンライン時間インセンティブ

オンライン時間インセンティブは、指定された時間において、配送料とブーストを合わせた金額が一定額に満たなかった場合、その差額をお支払いするものです。

より詳しく知りたい人は改めて

Uber Eats配達パートナーガイドを御覧ください

「面倒なのはいやだよー」という人は

ざっくり説明すると

  • 配達1回で〇〇円
  • 配達距離が長くなると料金が高くなる
  • 忙しい時間等は配達料金が高くなる
  • 条件クリアでお金がもらえる

稼げるお金には限界もある

Uber Eatsは、配達すればするほど稼げますが

配達しなければ稼げません

効率よく配達して、時間あたりの配達数を増やす

上記が攻略法です

しかし人間には物理的限界もありますので

いつか収入は頭打ちになります

おそらくこの状態になることがわかっているので

様々な配達員さんたちがブログを書いて便利グッズの紹介(アフィリエイト)したり

自分の紹介コードをHPに載せたりして

プラスアルファの収入を得ようとしているのだと思います

「Uber Eats配達は」は厳しい表現をすると

「自分の時間を切り売りしてお金に変えている仕事」です

理想的なお金の稼ぎ方は

「自分が動かなくても稼ぎが発生していく状態」ですので

理想とはかなりかけ離れています

しかし理想をはじめから達成できるものでもありませんので

お金を稼ぐための第一歩として始めてみるのには良いと思います

「メインの仕事以外でお金を稼ぐ」

この経験をまずすることが、副業の第一歩だと思います

Uber Eatsのメリット

厳しい事情も説明しましたが

それでもUber Eatsにも様々なメリットがあります

  • 運動になる
  • 稼ぐのに即効性・確実性がある
  • 店や街の情報が身につく
  • 商品運搬の技術が身につく

運動になる

バイクで配達する人もいますが、大抵は自転車での配達だと思います

ずうっと自転車を漕いでの移動になるので

1時間で6キロくらい移動する事も多いです

結構な運動量になります

お金よりも運動不足解消を主な目的にUber Eatsをする人もいるようです

稼ぐのに即効性・確実性がある

Uber Eatsは配達が終わった時点で報酬が決定します

さらに支払いは週でまとめて支払われるので

即効・確実に入金されるので安心感があります

他のバイトなどであれば1月分がまとめて月末に支払われたりしますので

その間はお金を手にできません

すぐに手元にお金が手に入るというのは

何にも増してありがたいと思います

店や街の情報が身につく

様々な店から配達の依頼がありますし

配達先も様々です

より効率よく配達するには

マップアプリを見続けるのではなく

自分の土地勘で走っていく必要があります

同じ地域で配達していれば道も覚えますし

店も色々知ることができます

特に自分の生活圏内で配達していると

様々な発見があるので自分の生活にもプラスになります

商品運搬の技術が身につく

カレー、ラーメン、ハンバーガー、コーヒー・・・

いろいろな食品を配達することになります

いかにこぼさず、荷崩れしないで運ぶか

ちゃんとした状態で運ばないとトラブルになるので

商品の梱包、自転車での運搬含めて結構気を使います

これが疲れるのですが

こで培われた技術は、自分の買い物などでも応用できますので

決して無駄なスキル習得ではありません

むしと僕はここの梱包テクニックが好きです

まとめ

Uber Eatsの配達の仕組みとメリットについて考察しました

Uber Eatsは気軽に始められて、即効性のあるお金の稼ぎ方です

ただ時間の切り売り的な要素があるので

打ち込み過ぎて自分の時間を失い続けるのは要注意です

様々な発見もあるしスキルも学べるので

習得しておいて損はありません

まず手堅く確実にお金を稼ぐための一歩として検討してみてもいい仕事と思います

次回は実際の手順などを紹介
街中でよくみる あのバッグについても紹介します

\もはやUber Eatsと言ったらコレ/

稼ぐ!
SNSシェア・ブックマークはコチラからどうぞ ♫
こちらからフォローしてくださると、「ツトムさん」が喜びます\(^o^)/
都内で嫁さんと子供3人を養うためのライフハックBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました