生活インフラコスト  〜水道代〜

コスト削減

生活コストを削減しながら、薄給ながらも

都内で嫁さんと子供3人を養っている「ツトム」です

生活インフラコストを様々リストアップしてきました

ここでは生活インフラコストの削減について紹介していきます

日々の生活コストが家計を圧迫していると感じる方の参考になれば幸いです

水道代

生活で必ず必要になってくるコストの一つに「水道代」があります

日々の食事、トイレ、風呂、食器洗い等

水ほど必要なものはないのではないかといったくらい

生活に必要不可欠です

水道代の削減ができたら家計への効果は抜群であると思います

おそらく全国の水道を管理しているのは「水道局」です

引っ越ししたりしたら引越し先の水道局に連絡をして

水道の開栓を行った経験がある方も多いでしょう

水道に関しては民間企業が入って供給しているものではないので

料金の比較検討はできません

ただ地区によって様々に料金が異なるので確認はしたほうがいいかもしれません

(とはいっても住居の近隣での移動くらいではほとんど差がないので

水道料金の値段だけで引っ越したり引越し先を変えるのは本末転倒と思われます)

東京都民は口座振替がお得

なかなか削減が難しそうな水道代です

東京都では水道代金を口座振替にすると

月50円(税抜)を割引してくれます

「たったの50円?」と思ってしまいますが

年間で600円です。今の金利では預金の利息でも600円もつくことも少ないです

僅かではありますが、このような微差を喜んで享受できるようなマインド

必要であると僕は考えています

支払いの仕方でお得になることも

口座振替以外にもクレジットカードやQRコード決済で支払いが可能な県もあります

神奈川県は色々支払いの仕方が可能であり

各種決済サービスのキャンペーンに合わせて支払えば

お得を享受できるかもしれません

使用量が多い場合にはクレジットカード払いも○

東京都の例でいえば月50円の口座振替割引よりもクレジットカード払いの

ほうがお得になる人もいると思います

家族が多くて月の使用量が多く

月3000円かかっている世帯では

クレジットカードで支払った場合に

カードの還元率が2%のものであれば月60ポイント付与されるので

口座振替よりもお得になります

「今どき2%還元カードなんてあるの?」って言う人もいるかと思います

確かに還元率の相場は0.5%〜1%ですが

一部2%のカードもあります

その一番は

「Visa LINE Pay クレジットカード」

昨年は初回3%という驚異の還元率でしたが

今年の5月からは基本2%となっています

すこし下がってしまいましたが、それでも2%還元は

類を見ない高還元カードであることに変わりはありません

他にも高還元カードは存在しますが

またの機会に触れていきたいと思います

水の節約は大切だがストレスないレベルに

電気・水道・ガスなど全般に言えることですが

使用量を節約して料金を下げていくスタイルは

日々の生活でかなりストレスになりますので

あまりおすすめしません

(勿論地球のためにも無駄使いは控えるべきです)

使用に関して注意を払うよりも十分に使用して

支払いの部分だけでもお得になるように注力することが一番コスパがよいと考えます

まとめ

水道インフラについては民間企業の入り込む部分がなく

競争市場となっていません

料金は住む地域によって差はありますが

コントロールできない領域となります

支払いに関しては介入の余地があり

支払いを工夫することで、少しでもお得を享受できるように

注力することが望ましいでしょう

ちなみにうちは毎月3000円も行かないので口座振替を選択しています

  • 水道代は契約先が固定で比較検討できない
  • 水の単価は多少の地域差があるが引っ越しを考慮するほどにはならない
  • 支払い方法の選択で料金の圧縮が可能なことも
コスト削減
SNSシェア・ブックマークはコチラからどうぞ ♫
こちらからフォローしてくださると、「ツトムさん」が喜びます\(^o^)/
都内で嫁さんと子供3人を養うためのライフハックBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました